多摩センターでの過ごし方 多摩センターでの過ごし方:PROFILE:自己紹介 多摩センターでの過ごし方:BIOGRAPHY:個人史 多摩センターでの過ごし方:PHOTO:写真館 多摩センターでの過ごし方:BBS:掲示板

« 前の記事へ | トップページへ | 次の記事へ »

2011年4月27日

エイジア、ベトナムマーケットへの進出を視野に、ベトナムで事業展開する株式会社アジアビジネスインベストメントに出資 ~今後拡大を見込むベトナムマーケットのEC研究に着手~

メール配信システム、アンケートシステム、メール共有システムの「WEB CAS」シリーズの提供などで企業のインターネットマーケティングを支援する株式会社エイジア(本社:東京都品川区、代表取締役:美濃 和男、東証マザーズ上場[証券コード:2352] 以下 当社)は、ベトナムマーケットへの進出を視野に置き、日本およびアジアでコンサルティング事業を展開する株式会社ブレインワークス(本社:兵庫県神戸市、代表取締役:近藤 昇 以下 ブレインワークス)のグループ会社で、日本企業のベトナム進出推進事業「ジャパンスタイルショップ事業」などを展開する株式会社アジアビジネスインベストメント(本社:兵庫県神戸市、代表取締役:近下 さくら 以下 アジアビジネスインベストメント)に出資いたします。

1.ベトナム市場進出を見据えた出資の背景
当社は、これまで中国を中心に、アジア進出を見据えた活動を行ってまいりました。
具体的には、主力商品のメール配信システム「WEB CAS e-mail」(http://webcas.azia.jp/email/)の多国語展開や、SBIベリトランス社と共同で実施している中国市場向けメールマーケティングの研究および日本法人向けEC(E-commerce)ソリューションの共同提案、当社メール配信ソリューションをチャイナテレコムブランドのSaaSサービスとして拡販するための取り組みを行ってまいりました。また当社ソリューションをメールマーケティング分野のみでなく、EC販促全般に寄与するソリューション提供へと展開することを前提として、アジア地域のEC運営企業等の支援団体であるECAA※への加盟を決定したほか、現在EC関連事業の研究を推進しております。

当社のアジア展開構想では、既に活動を始めている中国に加え、ベトナム社会主義共和国への進出も視野に入れております。ベトナムは、近年の富裕層の増加に伴い購買力が上昇しており、世界経済市場においてもBRICSに続く新興経済発展国と目されています。またベトナムでは「親日」感情が強く、日本製品やサービスへの信頼が高い傾向にあります。
当社はこのベトナム市場への本格進出を視野に、現地調査、情報収集およびテストマーケティングなどを目的として、ベトナムにおいて日本製品やサービスの販売促進支援などを行うアジアビジネスインベストメントに出資することといたしました。

2.当社の活動予定内容
 アジアビジネスインベストメントは、2011年9月にホーチミン市内にて竣工予定のベトナム最大規模のショッピングセンター「クレセントモール」内に、JPS(ジャパンスタイル)ショップを出店します。店舗では高品質な日本商品をセレクトし、主に富裕層向けに販売します。商品は店舗販売のほか、カタログ通販やECサイトでの販売も行います。さらにエンタメ・ビューティー・ファッション等を中心としたベトナム富裕層向け情報誌「JPSマガジン」を発刊も予定しています。

アジアビジネスインベストメントは、日本製品やサービスの販売のみならず、日本ならではの高品質で行きとどいたサービスなどを通じて、“ジャパンスタイル”の啓蒙を行う計画です。
当社はこの事業に賛同し、アジアビジネスインベストメントに対して500万円の出資を行うほか、本事業のEC運営において、メールマーケティングを中心とした販促支援業務を担うことで、ベトナム市場のテストマーケティングを行います。
 当社はこの活動を通じて、ベトナムにおける当社ソリューションの販売機会創出を図ります。

3.日程
2011年4月27日 500万円出資の取り決め(出資比率約7.3%(予定))
2011年4月30日 払込期日

4.業績に与える影響
本件の今期業績に与える影響は軽微でありますが、次年度以降における影響は、今後必要に応じて開示いたします。

5. 当事会社の概要
■株式会社アジアビジネスインベストメントの概要
主な事業内容  ベトナムを中心としたアジアにおける事業展開支援および関連企業への出資
設立年月  2000年9月
本店所在地  兵庫県神戸市中央区三宮町1-4-9
代表者  代表取締役 近下さくら
資本の額  18百万円

■株式会社ブレインワークスの概要
主な事業内容  中小企業支援事業、アジア進出支援コンサルティング
設立年月  1993年12月
本店所在地  兵庫県神戸市中央区三宮町1-4-9
代表者  代表取締役 近藤 昇
資本の額  192百万円
URL  http://www.bwg.co.jp/

■株式会社エイジアの概要
主な事業内容  CRMアプリケーションソフト「WEB CAS」シリーズの開発・販売、ウェブサイトおよび企業業務システムの受託開発、ウェブコンテンツの企画・制作
設立年月  1995年4月
本店所在地  東京都品川区西五反田7-21-1 第5TOCビル9階
代表者  代表取締役 美濃 和男
資本の額  322百万円
URL  http://www.azia.jp/

※ ECAA(E Commerce Asia Association、イーシーエーエー)
2009年4月22日、中国をはじめとするアジア地域において、EC事業を展開する企業を支援するために設立されたコンソーシアム。2010年11月10日に名称を「E Commerce for Asia Alliance」から「E Commerce Asia Association」へと変更し、日本のみならずアジア全域のEC支援事業者に加え、EC事業者・EC関連事業者を対象にした協会組織として組織改編を行った。アジアにおけるEC事業者同士が直接交流し、提携・アライアンスを推進できる場を提供することで、アジア全体のECを活性化させることを目的に活動。当社は2010年12月15日に加盟。


« 前の記事へ | トップページへ | 次の記事へ »

Related Posts with Thumbnails
この記事に拍手を頂ける方はこちらをクリック⇒拍手する

この記事をツイッターへ
ソーシャルブックマークに追加 このエントリをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークする

投稿者 nakanishi : 2011年4月27日 20:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kori.kill.jp/mt5/mt-tb.cgi/1656

借金
ブログパーツ