多摩センターでの過ごし方 多摩センターでの過ごし方:PROFILE:自己紹介 多摩センターでの過ごし方:BIOGRAPHY:個人史 多摩センターでの過ごし方:PHOTO:写真館 多摩センターでの過ごし方:BBS:掲示板

« 前の記事へ | トップページへ | 次の記事へ »

2011年2月13日

多摩センター:多摩少年野球ボーイズ投手編「きれいなフォームを身につける」

今日は、三連休最終日、雪の影響で野球の練習ができなかったので、朝9時から鶴牧西公園に集合し練習をしました。
午前中の練習メニューは、バッテリーを中心とした練習です。私は投手指導を中心に教えていますので、自分の経験をもとに指導方法を考えています。

■脚を開いての体重移動を意識したトレーニングが効果的

前に体重を移動し、その反動で後ろに大きく体重を移動しながら大きく後ろに腕を振り上げる。
腰の回転を利用して腰で投げるイメージを作る、最後は、スナップの効いた球を投げる。
高校までピッチャーを目指すのであれば、きれいな球の回転がとても重要。

■シャドウピッチング(タオルを1枚用意し片側を結ぶ)
・バランスよく立つこと
足を上げた際にバランスよくリラックスして立てるように繰り返し練習
バランスが良ければ投げ終わった後も片足で立てる。
・肘の使い方
肘が耳の横を通るような高い位置で投げる
・頭を動かさない
キャッチャーから目を離さず、頭がぶれない投球フォーム
・腕の振り
しなりを持ってスナップを利かせる
・足のステップ
キャッチャーに向かってまっすぐ踏み込む
・腰を使って投げる
足を地面に踏み出した時に腕は後ろに残っている
---------------------------------------------------
軸足の裏から根が生えているイメージを持たせ、軸足の裏が最後まで地面と離れないというイメージを待たせる。体重移動はお尻から始動し、足が地面に付いた際には、腕は後ろに残っている。ボールを持つ手は、センターに向けて大きく伸ばし、腰が回転し、続いて、肩、肘、手首の順に腕を振る。最後は、スピンの効いたボールをリリースする意識でボールを投げる。何度か練習し、しっかりと「溜め」を作り体を開かないようにする。

多摩センターに住んでいる小学生の子供達、一緒に野球をやろう。君の力を待っている。野球の楽しさを通じて一生の思い出を作りませんか?入部する、しないは後で決められます。雰囲気を味わいにきてください。
ここから体験の申込みができますのでお気軽にどうぞ。>>野球体験申込み


« 前の記事へ | トップページへ | 次の記事へ »

Related Posts with Thumbnails
この記事に拍手を頂ける方はこちらをクリック⇒拍手する

この記事をツイッターへ
ソーシャルブックマークに追加 このエントリをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークする

投稿者 nakanishi : 2011年2月13日 20:34

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kori.kill.jp/mt5/mt-tb.cgi/1637

借金
ブログパーツ