多摩センターでの過ごし方 多摩センターでの過ごし方:PROFILE:自己紹介 多摩センターでの過ごし方:BIOGRAPHY:個人史 多摩センターでの過ごし方:PHOTO:写真館 多摩センターでの過ごし方:BBS:掲示板

« 前の記事へ | トップページへ | 次の記事へ »

2011年1月24日

日米中のGDP

世界第2位の経済大国になった中国のGDPを表しているグラフになるが、日本を良く見るとバブル崩壊の絶頂期のGDPと現在のGDPがさほど変わらないように見える。

 graph.jpg

また、GDPは国内総生産であって、国内で生産された「モノやサービスの付加価値合計額」だ。
日本人や日本企業が海外で生み出した生産額は含まれていない。
逆に言えば中国で日本人や日本企業が生み出したモノやサービスは中国のGDPとして算出される。
中国は積極的に外資系企業を呼び込み、生産を拡大させた。
これがGDP急膨張の要因の1つとなった。
中国の輸出額に占める外資の割合は5割~6割ともいわれる。
そういう意味では、そこまで日本は衰退している訳ではないのではないか。
国内のマーケットが厳しいのであれば、GDPに拘らず、国外での生産に対して積極的に寄与して、日本を元気にしたい。


« 前の記事へ | トップページへ | 次の記事へ »

Related Posts with Thumbnails
この記事に拍手を頂ける方はこちらをクリック⇒拍手する

この記事をツイッターへ
ソーシャルブックマークに追加 このエントリをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークする

投稿者 nakanishi : 2011年1月24日 21:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kori.kill.jp/mt5/mt-tb.cgi/1621

借金
ブログパーツ