多摩センターでの過ごし方 多摩センターでの過ごし方:PROFILE:自己紹介 多摩センターでの過ごし方:BIOGRAPHY:個人史 多摩センターでの過ごし方:PHOTO:写真館 多摩センターでの過ごし方:BBS:掲示板

« 前の記事へ | トップページへ | 次の記事へ »

2010年1月22日

中国四川省

中国四川省
1月19日(火)~1月22日(金)まで中国四川省に出張に行ってきました。初日は、四川省で有名な四川火鍋を食べてきました。写真のお店は、四川一美味しいお店と言われているようで、四川一高級なお店のようです。
中国四川省
火鍋は、白湯(パイタン)と呼ばれる白濁のスープと、唐辛子や山椒など調味料を沢山入れた辛い味付けの紅湯の麻辣(マーラー)スープの2種類になっており、初心者である私は、中辛と白湯を1つの鍋で分離した物を頼み、食べることにしました。
日本で言うところのしゃぶしゃぶですが、つけタレがごま油と刻みニンニクです。確かに辛いのですが、めちゃくちゃ美味しかったです。食事をしながら舞台では伝統的な演舞が行われています。特に印象的だったのが、次々と一瞬にして仮面が変わる中国四川の伝統芸「変面」です。私達のテーブルは舞台の一番前で(一ヶ月前から予約しないと取れない席)でしたが、どのように変わっているのか?さっぱりわかりませんでした。食事は美味しいし、演舞も最高だし、四川はすごいところです。
中国四川省
翌日は、五つ星ホテルの朝食です。朝食にしてはすごい豪華なつくりですね。本場坦々麺が最高でした。
中国四川省
この右側の写真の飲み物わかりますか?実は、ビールなんです。このビールは四川のお薦めのビールのようです。なかなか美味しかったですよ。
中国四川省
歴史を感じる四川省の街並みにです。夜はちょうちんが赤く灯り、千と千尋の世界なのでしょうねぇ~
中国四川省
夜は、30人位のパーティーに参加し、そのまま中国1の大金持ちの娘が経営するバーへ移動します。
中国四川省
ワインで乾杯しながら、生の演奏や生の歌などをBGMに心地よい時間が過ぎていきます。
中国四川省
庶民的な味も堪能するべく、一般的なお店にもチャレンジしてきました。一品一品が30円~高くても300円程度です。食べきれないくらいの食事がでてきます。
一般的に日本を離れて食事をしていると日本料理が恋しくなるものですが、同じアジアなのでしょうか?不思議と日本料理が恋しくなりませんでした。中国でも極めて辛いと言われる四川料理を満喫してしまいました。

※その他の写真も写真館にアップしたので見てみてください。


« 前の記事へ | トップページへ | 次の記事へ »

Related Posts with Thumbnails
この記事に拍手を頂ける方はこちらをクリック⇒拍手する

この記事をツイッターへ
ソーシャルブックマークに追加 このエントリをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークする

投稿者 nakanishi : 2010年1月22日 23:50

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kori.kill.jp/mt5/mt-tb.cgi/1396

借金
ブログパーツ