多摩センターでの過ごし方 多摩センターでの過ごし方:PROFILE:自己紹介 多摩センターでの過ごし方:BIOGRAPHY:個人史 多摩センターでの過ごし方:PHOTO:写真館 多摩センターでの過ごし方:BBS:掲示板

« 前の記事へ | トップページへ | 次の記事へ »

2009年2月19日

エイジアとソフトクリエイトの業務・資本提携に関するお知らせ

株式会社エイジア(東京都品川区、代表取締役 江藤晃、東証マザーズ:証券コード2352、以下エイジア)と株式会社ソフトクリエイト(東京都渋谷区、代表取締役会長 林 勝、東証第二部:証券コード3371、以下ソフトクリエイト)は、下記の通り業務・資本提携することで合意いたしました。

1.業務・資本提携の趣旨
エイジアは、「WEB CAS」(※1)シリーズを核として、インターネットビジネスの戦略からウェブサイトの構築・運営までをワンストップで提供しています。主力製品の「WEB CAS」シリーズは、企業が既存のデータベースを活用して本格的なCRM(※2)活動を実現するパッケージです。企業内に点在する複数のデータベースに自由に接続できるため、膨大な費用がかかるデータベースの統合なしに本格的なCRM活動を実現します。「WEB CAS」シリーズは2007年度のCRMパッケージ市場マーケティング分野(※3)およびメール配信パッケージ市場(※4)においてシェア1位を獲得しており、高度なメールマーケティングへの要望を持つ企業に、技術力・製品力が高く評価されております。


一方、ソフトクリエイトは、電子商取引を目的としたWebサイト構築など、ITに関する総合的なサービスを提供しています。主力製品である「ecbeing」は、インターネット上の大型専門店から中小専門店まで独立店舗展開を強力にサポートするECトータルパッケージです。開発には自社運営のECサイト「特価COM」の運営ノウハウを盛り込んでおり、その使いやすさと充実した機能が評価され、中堅・大手企業を中心に400社超の導入実績を誇っています。またソフトクリエイトは24時間の自社サーバーセンターによるホスティングまでのワンストップサービスを提供しており、さらに強力なサポート・営業販売体制にも強みを持っています。

両社は、相互の強みを融合させることでECサイト構築・運営ソリューションの分野において積極的なニーズの掘り起こしを行い、ECサイト構築・運営に係る高付加価値なソリューションの提案を行うことで、更なる事業の拡大が期待できると判断し、今回の業務・資本提携の合意に至りました。

2.業務提携の内容
エイジアのメールマーケティングを実現する技術・ノウハウと、ソフトクリエイトのECサイト構築ソリューションを融合させて、ECサイト構築・運営に係る高付加価値なソリューションの提案を積極的に推進いたします。

3.資本提携の内容
両社の業務提携をより強固なものにするとともに、一層緊密な協力・信頼関係を構築するため、ソフトクリエイトは、エイジアの株式1,000株を既存株主であるソフトブレーン株式会社(東京都港区、代表取締役社長 秋山真咲、以下ソフトブレーン)より取得する予定にしております。この取得により、ソフトクリエイトのエイジアに対する持分比率は8.59%となり、第二位の株主となる予定です。

4.当事会社の概要
■ 株式会社エイジア
http://www.azia.jp/
(1)名称     
 株式会社エイジア
(2)主な事業の内容 
 CRMアプリケーションソフト「WEB CAS」の開発・販売、ウェブサイトおよび企業業務システムの受託開発、ウェブコンテンツの企画・制作
(3)設立年月日   
 1995年4月11日
(4)本社所在地   
 東京都品川区南大井一丁目13番5号
(5)代表者   
 代表取締役 江藤 晃
(6)資本の額    
 322,420千円(2008年9月末日現在)

■株式会社ソフトクリエイト
http://www.softcreate.co.jp/
(1)名称     
 株式会社ソフトクリエイト
(2)主な事業の内容 
 電子商取引を目的としたWeb サイト構築などのIT に関する総合的なサービスの提供(システムインテグレーション事業、ITインフラ提供事業、インターネット通信販売事業)
(3)設立年月日   
 1969年8月8日
(4)本社所在地   
 東京都渋谷区渋谷二丁目22番3号
(5)代表者   
 代表取締役会長 林 勝
(6)資本の額    
 840,542千円(2008年9月末日現在)

5.日程
(1)業務提携 
   2009年2月19日、業務提携基本契約の締結
(2)資本提携
   ソフトクリエイトは、2009年3月末日までにエイジアの株式を取得


6.今後の見通し
 本件による業績に与える影響は現在精査中でありますが、今後必要に応じ開示いたします。

7.ソフトブレーンとの提携の継続について
 エイジアとソフトブレーンは、2007年8月30日に資本・業務提携を締結し、お互いに相手方の株式を取得いたしました。今回、上記のとおりソフトブレーンは保有するエイジア株式全株をソフトクリエイトに譲渡いたしますが、エイジアは引き続きソフトブレーン株式を保有いたします。また、製品の連携など業務面の提携も継続いたします。


(※1)「WEB CAS」シリーズ
エイジアが自社開発したCRMソフトのシリーズ名称で、エイジアの登録商標。現実のビジネスの世界で営業担当者が行っている様々な営業活動を、インターネットビジネスの世界において代替する「ネットの営業マンソフト」。

(※2) CRM(Customer Relationship Management、シーアールエム)
情報システムを活用して企業が顧客と長期的な関係を築く方法の一つで、顧客データベースをもとに、商品・サービスの売買、問合せ、クレームへの対応等について一貫して管理する手法のこと。

(※3) CRMパッケージ市場マーケティング分野
エイジアは2008年10月10日株式会社アイ・ティー・アール発行の「ITR Market View:CRM市場2008」において、2007年度CRMパッケージ市場マーケティング分野ベンダー別出荷金額シェア第1位を獲得。

(※4) メール配信パッケージ市場
エイジアは株式会社ソースポッド発行の「国内メール市場分析レポート2008/メール配信市場分析レポート2008」において、出荷金額シェア第1位を獲得。


●本件に関する報道関係お問い合わせ先
株式会社エイジア 取締役 美濃 和男
TEL:03-5753-0848(代表) E-MAIL:azia_ir@azia.jp


« 前の記事へ | トップページへ | 次の記事へ »

Related Posts with Thumbnails
この記事に拍手を頂ける方はこちらをクリック⇒拍手する

この記事をツイッターへ
ソーシャルブックマークに追加 このエントリをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークする

投稿者 nakanishi : 2009年2月19日 19:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kori.kill.jp/mt5/mt-tb.cgi/1120

借金
ブログパーツ