多摩センターでの過ごし方 多摩センターでの過ごし方:PROFILE:自己紹介 多摩センターでの過ごし方:BIOGRAPHY:個人史 多摩センターでの過ごし方:PHOTO:写真館 多摩センターでの過ごし方:BBS:掲示板

« 前の記事へ | トップページへ | 次の記事へ »

2005年11月17日

株式会社コマース21と共同による、株式会社全音楽譜出版社の総合EC サイト構築についてのお知らせ

株式会社コマース21と共同による、株式会社全音楽譜出版社の総合EC サイト構築についてのお知らせ
株式会社エイジア(本社:東京都品川区、社長:江藤 晃、以下当社)は、EC※1 アプリケーション開発の株式会社コマース21(本社:東京都港区、社長:小林 裕紀、以下コマース21)と共同で、楽譜出版販売・楽器製造販売大手の株式会社全音楽譜出版社(本社:東京都新宿区、社長:横倉 義、以下全音楽譜出版社)の総合EC サイト(EC アプリケーション、WEB サイトとCRM※2 システムが連携したシステム)を構築いたしました。
本日11 月17 日、同総合EC サイトが本格稼動を開始いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.全音楽譜出版社に当社とコマース21 のシステムを採用していただいた経緯
バイエルピアノ教則本など楽譜の出版販売や和洋各種楽器の製造販売などを手掛ける全音楽譜出
版社では、商品の製造販売を効率化し、顧客とのコミュミケーションをさらに密にするため、総合ECサイトの構築を検討してこられましたが、他社システムと比較検討の結果、大手企業への豊富な導入実績を持つ当社のCRM システム「WEB CAS」とコマース21 の本格的EC アプリケーションソフト「Commerce21 Sell-Side Solution」を連携させたシステムを採用していただくことになりました。

2.全音楽譜出版社の総合EC サイトの概要
音楽教室情報、アマチュアオーケストラの演奏会や団員募集の情報等も検索可能な音楽ポータルサイトとしての機能を備え、全音楽譜出版社の商品・サービスをインターネット上で販売することができる総合的なオンラインショップサイトです。CRM システム「WEB CAS」が連動し、それぞれの顧客の好みに合ったOne To One メールの自動配信、フォローアップや、アンケートの実施、分析等も行えます。
全音楽譜出版社は、このサイトを介して顧客ニーズを的確に掴み、ニーズに即した商品を企画制作することで、顧客満足度の一段の向上を目指します。
当社は、今回の共同システム構築に引き続き、より多くの企業にインターネットマーケティングソリューションを提供してまいります。
3.日程
平成17 年11 月17 日、本格的に同総合EC サイトが稼動開始いたしました。
4.業績に与える影響
本件が当期業績に与える影響は平成17年10月5日に発表した業績見通しに含まれており、今回の発表に伴う業績見通しの修正はありません。
5.株式会社全音楽譜出版社の概要
(1)名称 株式会社全音楽譜出版社
(2)主な事業内容 楽譜・楽書の出版・販売・レンタル、楽器の製造・販売、音楽教育サービス
および音楽著作権の管理
(3)設立年月日 1931年5月
(4)本店所在地 東京都新宿区上落合2-13-3
(5)代表者 代表取締役社長 横倉 義
(6)資本の額 1億円
(7)従業員数 141名(2005年7月1日現在)
(8)会社U R L http://www.zen-on.co.jp/
(9)当社との関係 株式会社全音楽譜出版社と当社との間には、資本関係および人的関係はご
ざいません。
6.株式会社コマース21の概要
(1)名称 株式会社コマース21
(2)主な事業内容 ECサイト構築ソフトウェア、インターネット関連ソフトウェアの開発、販売
およびコンサルティング
(3)設立年月日 1999年12月
(4)本店所在地 東京都港区新橋6-4-9 北海ビル新橋5F
(5)代表者 代表取締役社長 小林 裕紀
(6)資本の額 5億6,000万円
(7)従業員数 20名
(8)会社U R L http://www.commerce21.co.jp/
(9)当社との関係 株式会社コマース21と当社は、Eメール配信およびECサイト事業分野における技術・販売に関する業務提携契約を締結しております。ただし、同社と当
社との間に、資本関係および人的関係はございません。
※1 EC(Electronic Commerce、エレクトロニックコマース)
インターネットなどのネットワークを利用して、契約や商品・サービスの売買・決済などを行
う取引形態。
※2 CRM(Customer Relationship Management、シーアールエム)
情報システムを活用して、企業が顧客と長期的な関係を築く手法。顧客データベースをもとに、
商品・サービスの売買、問合せ・クレームへの対応等について一貫して管理する。
以 上


« 前の記事へ | トップページへ | 次の記事へ »

Related Posts with Thumbnails
この記事に拍手を頂ける方はこちらをクリック⇒拍手する

この記事をツイッターへ
ソーシャルブックマークに追加 このエントリをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークする

投稿者 nakanishi : 2005年11月17日 16:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kori.kill.jp/mt5/mt-tb.cgi/250

借金
ブログパーツ