多摩センターでの過ごし方 多摩センターでの過ごし方:PROFILE:自己紹介 多摩センターでの過ごし方:BIOGRAPHY:個人史 多摩センターでの過ごし方:PHOTO:写真館 多摩センターでの過ごし方:BBS:掲示板

« 前の記事へ | トップページへ | 次の記事へ »

2005年4月22日

再起動!「Eメールマーケティング」

◆セミナーのねらいと内容◆
1997年がEメールマーケティング元年と言われています。
日本を代表する著名企業でさえ数千件のメールアドレスしか持っていなかったものが、今や数十万件など珍しくありません。そんな中、Eメールの活用により売上向上といった大規模な成功事例も出始めてきております。しかし一方でEメールマーケティングをやってはみたものの、袋小路にはまり込んでしまった企業の声も耳にするようになりました。
そこで再度Eメールマーケティングを再起動するためのポイント・活用方法を
お伝えいたします。「Eメール」は、活用方法によって、最強のマーケティングパワーに
なることを学びます。

日時 2005年5月20日(金) 10:00~17:00
会場 アイビーホール青学会館 (東京都渋谷区)
受講料 45,000円+消費税2,250円 … 合計47,250円
講師 西田 徹  Eメールマーケティング研究所 所長

お申し込みはこちら

【1】Eメールマーケティグ導入・運用の実態
  ・取り組み環境と活用の実態
  ・よく起こる問題と上手く行かない理由
  ・営業売上との結びつき

【2】Eメールマーケティングの概要の再確認
  ・インターネットマーケティングの本質
  ・Eメールマーケティング3原則
    - ワン・トゥ・ワン(One To One)  - 継続配信   - 双方向性
  ・EメールマーケティングのBtoB

【3】Eメールマーケティングの実務手法とその特徴
  ・アドレス収集<情報交換討議>手法
  ・メールライティング<相互アドバイス>手法
  ・配信システム、配信オペーション<情報交換討議>手法
  《実習》効果測定方法について
       【気付かなかった点、見えていなかった点を学ぶ】

【4】リアル連動
  ・アドレス収集でのリアル連動
  ・販売へつなげるリアル連動

【5】Eメールマーケティングの改善策のポイント
  ・HTMLメールの有効活用と留意点
    -HTMLメールの一般的特徴    -プロが活用するHTMLメールのコツと実践方法
    -HTMLメールのパーミション    -BtoBへの応用と展開方法
  ・モバイルメールの有効活用と留意点
    -モバイルが開くマーケティングの未来    -モバイルメールの特徴

【6】成功事例研究に学ぶ
  ・ワイナリー和泉屋
  ・TSUTAYA
  ・ライオンズマンションの大京


« 前の記事へ | トップページへ | 次の記事へ »

Related Posts with Thumbnails
この記事に拍手を頂ける方はこちらをクリック⇒拍手する

この記事をツイッターへ
ソーシャルブックマークに追加 このエントリをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークする

投稿者 nakanishi : 2005年4月22日 01:37

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kori.kill.jp/mt5/mt-tb.cgi/143

借金
ブログパーツ